プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2016/07/27

KINGSOFT Office 2016でPDF出力ができない:バージョン10.8.0.5423の最新バージョンでは機能削除されてた

2 件のコメント
安くてMSオフィス互換性のあるKINGSOFT Office 2016ですが、
PDF作成機能が削除されていました。
バージョンは10.8.0.5423 です。
しかし、一時的な措置のようです。
※10.8.0.5423には複数のバージョンがあって、古い方ではPDF機能が付いています。


PDF機能が必要なときは、過去のバージョンを使うか、これからの対応を待つしかないです。
過去バージョンは、キンフソフトにメールするとダウンロードリンクを送ってもらえます。


こんな感じでPDF出力が無いんです。
一般的なPDF出力できるものは、「PDFとして出力」が出てきます。


で、キングソフトさんにメールして聞いてみました。
契約の関係で、このバージョンではPDF機能は削除されたそうです。
今後のバージョンでは追加する予定とのことです。

個人的にはPDFを頻繁に使うので、過去バージョンに入れ替えました。
今後のバージョンアップでPDF機能の再追加を期待します。



キングソフトオフィスのスプレッドシートの便利なとこは下記
■起動が軽い
■ユーザインターフェースがExcel2003見たい変更できる
■ライセンスキーがずっと使い回しできる
■新規で買っても3,500円と安い
■MSワード互換なWriterも使える

そのほかの機能はMSエクセルに劣ると思います。
ここらへん使い方次第だと思います。


アマゾンのパッケージ版で3,100円。
ダウンロード版で3,980円。
ライセンスキーがあればいいので好きな方を選べばいいと思います。

KINGSOFT Office 2016 Personal パッケージCD-ROM版 3100円くらい
KINGSOFT Office 2016 Writer & Spreadsheets [ダウンロード] 3980円くらい

パワーポイントの使えるStandard版もあります。4200円くらい。
VBAも使えるComplete版もあります。5400円くらい。


無料ならLibreOfficeが良さそうです。

気になるときはキングソフトのWEBサイトで無料の試用版をダウンロードも可能です。


メイン機にはMSオフィス、サブ機にはLibreOfficeまたはキングソフトオフィス、
みたいな使い分けが良いのかなと思います。

2 件のコメント :

  1. 10.8.0.5727でPDF機能が復活しました

    https://support.kingsoft.jp/category/kso/update

    返信削除
    返信
    1. ブログ管理人2016年10月5日 0:06

      コメントありがとうございます!復活してる!良かった!

      削除