ウェブに残したもの

プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2018/04/15

2018/5からebayのstoreにStarterが追加:ebayのヘルプはリンク切れ多いよ!

ebayって面白いかもと思い、販売する人をやってみた。
というか、10個しか出品できない・・・。
11個目になると「電話して制限解除して」とメッセージが・・・
英語で電話なんてできないのでメールで解除をお願いしてみた。
うまくいくか分からない。
あと、ヘルプを探すとリンクが表示されるけど、リンク切れが多すぎで
探せない。



ebayで無料で販売するには、総額の10%の手数料がかかる。
送料も込で。
で、PAYPALは海外からの受け取りのときに4.1%+40円かかる。
さらに、日本円に換金するのに2%くらいかかる。
全部でだいたい16%くらい。
約16%=ebay手数料10%+PAYPAL受取4.1%+換金2%
結構 高い!
メルカリが安く感じてしまう。


ここまでは分かったけど最初は10個のみ出品で挫折。
ヤフオクで英語の説明文にして出品すれば海外の人も購入してくれるかも、
と考えてます。
ヤフオク便利!


ebayは最初50アイテムの出品無料枠があるけど分かりづらい。
この50アイテム枠は「出品回数」と思った方がいいです。
5日間で終わるオークションを50回できるよ、みたいな感じで。
もしくは、10品について5回 再出品できる感じ。
毎月1日にリセットされるみたいです。
ややこしいです。


あと、来月からebayのstoreの最低の低額プランが追加。
「Starter」とかいうのが月額USD8で100アイテムまで無料で出品できる。
なので、5月から考えて見ようと思います。
詳しくは下記で。
https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2018-spring/ebay-stores.html

日本は経済が縮小するとか言ってるので海外でうればいいのかと思うけど、
そんなに売れるようなものあるのかな?と疑念あり。
ヤフオクの方がよっぽど売れるのかも、と思う。



追記)
メールで100個くらいにして、とお願いしたら数時間後増やしてくれた。
というか、計画について5項目くらい聞かれたので、将来性を含めて返答しといた。
意外と対応が早い。




2018/04/14

備忘録、文字列の類似度をPowershell:Communary.PASM

備忘録として。
Powershellで文字列の類似度を処理するみたいなモジュール
Communary.PASM
https://github.com/gravejester/Communary.PASM

全然わからないけど説明はこちら。
Fuzzy Search with PowerShell


メインはこの3つ。
Select-FuzzyString
Select-SoundexString
Select-ApproximateString

スコアとともに似ている文字列を探せる。
でも、日本語は使えない。
-----
$strs = "John", "Johnny","Peter","Paul","Mark","Jon","Petter","Jan","Robin","Robert";
$strs | Select-FuzzyString er

Score Result
----- ------
  189 Peter
  186 Petter
  187 Robert

-----

何かに


SimString
高速かつシンプルな類似文字列検索ライブラリ
http://www.chokkan.org/software/simstring/index.html.ja

Sorting and String Comparison
https://docs.microsoft.com/en-us/globalization/locale/sorting-and-string-comparison

How to compare strings in C#
https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/csharp/how-to/compare-strings

C#(.Net)の文字列比較が日本語に対応しすぎていて笑えたので、他の比較方法と併せて紹介する。
https://clickan.click/string-equality/

C#で2文書間の類似度をJaccard係数で計算する話
https://kitayamalab.wordpress.com/2017/03/03/c%E3%81%A72%E6%96%87%E6%9B%B8%E9%96%93%E3%81%AE%E9%A1%9E%E4%BC%BC%E5%BA%A6%E3%82%92jaccard%E4%BF%82%E6%95%B0%E3%81%A7%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A9%B1/

SlothLibは .Net Framework 上で利用可能なプログラムライブラリです。 研究目的のプログラムが手軽に作成できるようになることのみを目的とし、 プログラムとしての安全かどうか、高速かどうか、 といったことは二の次と考えています。
http://www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/slothlib/



[

2018/04/09

ZOFFでオススメのオプション:スーパーハードコート1年保証

備忘録。
ZOFFのレンズは通常コートだけなのでキズがすごい付く。
なので、長く使うメガネのときは+3000円のオプションで
スーパーハードコートを付けとく。

スーパーハードコート・レンズ ZOFF
https://www.zoff.co.jp/shop/contents/super-hard-lens.aspx

かなりキズがつきにくい。
といってもやっぱりキズが付く。
でも、1年以内なら無料交換してくれる。
10ヶ月経過したくらいで交換すれば新品レンズで使える。



2018/04/04

こけしは東北限定だった

こけしは日本全国で作られているものだと思ってた。
本を読んだら全然違ってた・・・。

中古で、黄色や緑の線の入った色あざやかなこけしを買う。
自分が知ってる花柄のとは違うけど?疑問発生。
こけしってほかにも種類あるの?
本を買う。
「こけしは東北だけ」に驚く!
・・・といった流れで。


系譜見ると宮城県から派生したみたい。
鳴子と遠刈田は産地で有名だけで、それ以外は全然しらない。

下記サイトにもいろいろと情報あり。
宮城伝統こけしのふるさと


こけしは何?って聞かれるとさっぱり分からない。
床の間に飾ったりするのか不明。
せっかくの東北のものだからもっとアピールしてもいいかも、と思う。



2018/03/28

薄毛の頭皮マッサージの手軽なもの:プロテクのウォッシングブラシ

すっごいMハゲ進行中なのでハゲ対策をやったけどほぼダメ。
ますます頭皮から毛髪が離脱している。

もう無理っと思ったけど頭皮マッサージをやってみた。
これやって良くなるわけではないけど、髪がふわっとしたような気がする。
1個600円くらいです。
PRO TEC(プロテク) ウォッシングブラシ 毛穴クレンジングタイプ

使い方はYoutubeにて。ライオン公式動画です。
結構ゴシゴシやるけど歯ブラシと同じ素材なので、頭皮は傷まないと思う。
実際やってみると今までない違和感があるけど痛みはない。
頭皮が伸びてスッキリする感じ。
PRO TEC(プロテク)「ウォッシングブラシの使い方」/1分38秒/ライオン


注意したいのが油を落とす点。
頭皮が乾燥している人は悪化するので、化粧水とか付けた方がいいと思う。
ドラッグストアの600円くらいのでもいいと思う。


状況にもよるけど、ハゲに一番いいのは体質改善みたいです。
ストレスから開放されて心身ともにリラックスな時間をたくさん持つこと。
野菜をしっかり食べて、適切な運動すること。
でも、仕事忙しくてそんなのできない・・・。
せめて頭皮マッサージでひとときにリラックス時間を楽しんでみます。


PowershellでExcelファイルの編集と作成:Import-Excelのコマンドメモ

概要は前回の投稿で。
PowershellでExcelの作成、Excel無しでもOK:Import-Excel

ここに備忘録としてコマンドもメモを記載する。
結構あいまいに書いてます。
既存のxlsxを開いて値を変更して保存するあたり。
----
Open-excelPackageのセルデータは配列。
Import-Excelはクラスになっている。

■import-excel
$xl = Import-excel -path $file_path;


$xl.[1]
$xl.item1[1]
$xl.item2[10]
※値は項目名のプロパティなので2次元配列のように扱えない。
※プロパティはパイプラインで扱う。

データの個数
$xl.item1.Count


■Open-Excelpackage
$xlpk = Open-Excelpackage -path $file_kikan;  # パス付きはロード不可!
$sh = $xlpk_kk.Workbook.Worksheets[1];


セルの参照の基本
$val = $sh.Cells[2,3].value;
$sh.Cells[2,3].value =100;

行の個数
$sh.Dimemsion.Rows

列の個数
$sh.Dimemsion.Columns

$sh.getvalue(2,2); 値の取得の簡易版
$sh.setvalue(2,2); ???使い方不明


■セル書式
セルの色付け:Open-Excelpackageのとき
設定したあとにsaveする。

Set-Format -Address $sh.Cells[ 2,2] -BackgroundColor LightBlue;
LightBlue、Blue、Yellow、Greenとか色指定の詳細は不明。


2018/03/21

PowershellでExcelの作成、Excel無しでもOK:Import-Excel

PowershellでExcelデータの作成とか編集とかは
下記の感じでCOMコンポーネントの例がたくさんあります。
WPS Officeのメリット:COMコンポーネントがPowershellで使える

でも、COMコンポーネントは処理がとても遅いので、
.Netを使ってxlsxオブジェクトを処理すると早いです。

その中の一つの方法が「ImportExcel」を使う方法らしいです。
ライセンスはApache Licenseです。
インストールも簡単にできると思います。
ImportExcel
https://github.com/dfinke/ImportExcel


ClosedXMLのようなものでも同じことができると思いますので、
状況に合わせて使うと便利だと思います。
PowerShell で ClosedXML を使って Excel ファイルを作成する @miyamiya様



【機能の比較】
■COMコンポーネント
メリット:何でもできる!
デメリット:処理が遅い、有料ソフトが必要

■ImportExcel
メリット:処理が速い!Apache Licenseで無料で使える
デメリット:機能が限定される



下記にImportExcelのインストールとかんたんな使い方を書いておきます。
詳しい検証はしてません。

たぶん、AddPictureとかで画像を貼り付けるとかできない感じです。
でも、詳しくドキュメントを読んでいないので分かりません。

------------------


【インストールの手順】
■管理者でPowershellを起動
■「Install-Module ImportExcel」を入力
■Nugetをインストールするか聞いてくるので「Y」で進む
■信頼されていないリポトリジも聞いてくるので「Y」で進む
■念の為、「Find-Module ImportExcel」で確認する


【コマンド一覧を表示】
■「Get-Command -module ExcelImport」でコマンド一覧を表示してみる
長いので最下部に記載しました。

【使い方とかサンプルの表示】
■「Get-Help Import-Excel」で表示してみる
まずは Import-Excel、Export-Excelを調べてみましょう。

Import-Excel: Excelのデータをロード
Export-Excel: オブジェクトをExcelとして出力
Open-ExcelPackage: xlsxをオブジェクトとしてロード

Import-Excelのヘルプの例はこんな感じ。
「Import-Excel c:\tmp\text.xlsx」でロードするよ、みたいな感じで。
----------
名前
    Import-Excel

概要
    Create custom objects from the rows in an Excel worksheet.

構文
    Import-Excel [-Path] <String> [[-WorksheetName] <String>] [-StartRow <Int32>] [-DataOnly] [-Password <String>] [<Co
    mmonParameters>]

・・・以下省略
----------

【チュートリアルとかサンプル】
githubのページの下の方で紹介しています。
Examplesで実例もコピペで使えます。


【かんたんな使い方】
データをメモリに読み込めばあとはPowershellで処理する。
出力はExport-Excelにパイプラインで渡す感じで。


■9x1でxlsxに出力 ※-noheaderは項目名無し
@(1,2,3,4,5,6,7,8,9)  | Export-excel c:\tmp\test.xlsx -noheader;


■3x3でxlsxに出力
 @(
New-PSItem aa bb cc;
New-PSItem 11 22 33;
New-PSItem 77 88 99;
) | Export-excel c:\tmp\test.xlsx -noheader;


■値のみインポート ※最上段は項目名
$xl = Import-Excel c:\tmp\test.xlsx


■値のみインポート ※最上段もデータとする場合
$xl = Import-Excel c:\tmp\test.xlsx -dataonly

■値の表示 ※プロパティで指定
$xl | select P1

P1
-
1
2
3

■値を処理したあとの出力
$xl | Export-Excel c:\tmp\test.xlsx



■書式などを含んむときのインポート
$xlpkg = Open-ExcelPackage c:\tmp\test.xlsx;

■Packageの値の操作 ※配列で指定
$xlpkg.Workbook.Worksheet[1].Cells[1,1].value =4071;
$xlpkg.Workbook.Worksheet[1].Cells[1,2].text ="aaaa";
$xlpkg.Workbook.Worksheet[1].GetValue(1,2);


■値を処理したあとの出力と破棄
$xlpkg.save();
$xlpkg.dispose();






【コマンド一覧】
■「Get-Help xxx」で詳しい使い方が表示されます。

CommandType     Name                                               Version    Source
-----------     ----                                               -------    ------
Alias           Use-ExcelData                                      4.0.10     importexcel
Function        Add-ConditionalFormatting                          4.0.10     importexcel
Function        Add-WorkSheet                                      4.0.10     importexcel
Function        BarChart                                           4.0.10     importexcel
Function        Close-ExcelPackage                                 4.0.10     importexcel
Function        ColorCompletion                                    4.0.10     importexcel
Function        ColumnChart                                        4.0.10     importexcel
Function        ConvertFrom-ExcelData                              4.0.10     importexcel
Function        ConvertFrom-ExcelSheet                             4.0.10     importexcel
Function        ConvertFrom-ExcelToSQLInsert                       4.0.10     importexcel
Function        ConvertTo-ExcelXlsx                                4.0.10     importexcel
Function        Convert-XlRangeToImage                             4.0.10     importexcel
Function        Copy-ExcelWorkSheet                                4.0.10     importexcel
Function        DoChart                                            4.0.10     importexcel
Function        Export-Excel                                       4.0.10     importexcel
Function        Export-ExcelSheet                                  4.0.10     importexcel
Function        Export-MultipleExcelSheets                         4.0.10     importexcel
Function        Get-ExcelColumnName                                4.0.10     importexcel
Function        Get-ExcelSheetInfo                                 4.0.10     importexcel
Function        Get-ExcelWorkbookInfo                              4.0.10     importexcel
Function        Get-HtmlTable                                      4.0.10     importexcel
Function        Get-Range                                          4.0.10     importexcel
Function        Get-XYRange                                        4.0.10     importexcel
Function        Import-Excel                                       4.0.10     importexcel
Function        Import-Html                                        4.0.10     importexcel
Function        Import-UPS                                         4.0.10     importexcel
Function        Import-USPS                                        4.0.10     importexcel
Function        Invoke-AllTests                                    4.0.10     importexcel
Function        Invoke-Sum                                         4.0.10     importexcel
Function        LineChart                                          4.0.10     importexcel
Function        New-ConditionalFormattingIconSet                   4.0.10     importexcel
Function        New-ConditionalText                                4.0.10     importexcel
Function        New-ExcelChart                                     4.0.10     importexcel
Function        New-PivotTableDefinition                           4.0.10     importexcel
Function        New-Plot                                           4.0.10     importexcel
Function        New-PSItem                                         4.0.10     importexcel
Function        Open-ExcelPackage                                  4.0.10     importexcel
Function        PieChart                                           4.0.10     importexcel
Function        Pivot                                              4.0.10     importexcel
Function        Send-SQLDataToExcel                                4.0.10     importexcel
Function        Set-CellStyle                                      4.0.10     importexcel
Function        Set-Column                                         4.0.10     importexcel
Function        Set-Format                                         4.0.10     importexcel
Function        Set-Row                                            4.0.10     importexcel
Function        Test-Boolean                                       4.0.10     importexcel
Function        Test-Date                                          4.0.10     importexcel
Function        Test-Integer                                       4.0.10     importexcel
Function        Test-Number                                        4.0.10     importexcel
Function        Test-String                                        4.0.10     importexcel
Function        Update-FirstObjectProperties                       4.0.10     importexcel



[

2018/02/28

セリアのUSB-CのケーブルはUSB2.0で普通に使えた

タイトルのままです。
USB2.0で普通に使えた。
すごいなセリア。
50cmでいいならこれで十分かも。


しっかり使うなら、amazonベーシックのかAnkerのを買った方がいいかも。
USB3だし、一本1000円くらいだし。
でも、使い潰すならセリアので十分かも。100円だし。

Amazonベーシック USB Type C to USB3.1 Gen2 Aオス変換ケーブル 0.9m ブラック

Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル (0.9m レッド) MacBook Galaxy Xperia Android各種 その他USB-C機器対応

2018/02/22

オススメのAndroidタブレットは Fire HD 8:プライム会員で4000円引き

使ってみたけどすごくいいタブレットです。
AmazonのFire HD10
個人的には小さめのFire HD8がオススメです。

安いし、動作もしっかり。ストレージはMicroSDで増やそう。
特に省電力が結構しっかりしてると感じます。

HD10は18,980円、 HD8は11,980円で送料無料だけど
プライム会員で4000円引きになります。
お試しのプライム会員でも割引されます。
※以前にお試しをやったアカウントだとお試しできないときもあり。

GooglePLAYをインストールしてランチャーを変えるとすごく捗る!
Chrome使ったり、Kindle本とか楽天マガジンとか読むのに便利!
でも、インストールは自己責任にて。

Kindle HD 8 第7世代にGooglePlayをインストール:Mirrorサイトから手動でインストール
https://nokoshitamono.blogspot.jp/2018/01/kindle-hd-8-googleplaymirror.html



そして、キャンペーンでさらに安いです。
たぶん定期的にこういう値引きをやりそうな感じです。


WEB検索だとプライムのPrime Studentは放送大学の科目履修生でもOKらしいです。
現在 社会人として放送大学に在籍の方は使えるかもしれません。
[

2018/02/13

WindowsのランチャーのOrchisオーキスがバージョンアップ:171225最新

何かと便利なオーキスですが、昨年末にバージョンアップ。
Windows10にも対応しました!
黒田様、ありがとうございます!!

ダウンロードは窓の杜から。
Orchis v17.1225
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/orchis/

オーキスだけは便利すぎて離れらないソフトです。
Windowsを使うならおすすめです!



2018/02/10

powershellでファイル名を一部変更:renと-replace

下記のように、LSで対象ファイルを絞って、renでリネーム。
$_.nameを2回参照する。
small0001.jpg というのが BIG0001.jpg に変わる。
ls *.jpg | %{ ren $_.name -newname ($_.name  -replace "small","BIG")}

でも、牟田口様の方法でスクリプトブロックなるものが使える。
すっきりしてる。
ls *.jpg | ren  -newname {$_.name  -replace "small","BIG"}

あと、上書きしたいときはMove-itemでできるっぽい。


コマンドプロンプトだと「ren *.aaa *.bbb」が使えるのは知らなかった・・・。
あと、Powershellの起動は「Winキー+X」でもいけたみたい。

スクリプトブロックパラメータのススメ 牟田口様
http://winscript.jp/powershell/?s=Rename-Item%83R%83%7D%83%93%83h%83%8C%83b%83g


powershellでWEBサイトにログインした状態にする:セッションの保存

Invoke-WebRequest に SessioinVariable をつけてセッションを保存。
$Ret=Invoke-WebRequest $LOGIN_URL -SessionVariable fb; ってすると、
$fbという変数にセッションが保存されます。
あとは、フィールドにユーザ名とパスワードを入力してPOSTする。

ログインしたあとは、
$Ret=Invoke-WebRequest -Uri $URL -WebSession $FB; ってすると、
ログイン状態でHTMLが表示されます。
searchフィールドにワード入れてPOSTすれば使えば、検索結果も表示可能。

フィールド名はWEBサイトごとに設定されているのでコードから読む。
ログインのURLもForm.filedから読む。
と言っても、user-agentとかで判定してるのもあるので、うまくいかないときもあり。
ヘッダーとかいろいろと変更すると何とかなるかも。

#------The software is public domain/cc0. 
#------BEGIN
$LOGIN_URL = http://aaa.bbb.com;
$Ret=Invoke-WebRequest $LOGIN_URL -SessionVariable fb;
$Form = $Ret.Forms[0];
$Form.Fields["username"] = "user@mail.com";
$Form.Fields["password"] = "pass123";
$Ret=Invoke-WebRequest -Uri ($LOGIN_URL + $Form.Action) -WebSession $FB
-Method POST -Body $Form.Fields
#------END


Invoke-WebRequest Powershell5.1
ここのsample2のとこ。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/Microsoft.PowerShell.Utility/Invoke-WebRequest?view=powershell-5.1


2018/02/01

Baidu pan からのダウンロード方法について:baidudlでDL先リンク取得

Baidu pan というダウンロードリンクがあるがダウンロードできない。
専用のソフトをインストールする必要があるらしい。
でも、調べてみるとダウンロードリンクを入手できた。
そして、ダウンロード管理のソフトでDL速度も改善できた。

参考リンクはこちら。
内容は読めないが画像を見るとなんとなくわかるような・・・。
https://nguyenhaionline.com/thu-thuat/thu-thuat-internet/get-link-pan-baidu-com-unlimited-size-file-download-playlist-2017-idm.aspx

chromeの拡張のbaidudlでリンクを取得してブラウザに貼り付ければダウンロードOK。
でもすっごく遅い・・・。90kB/secだった。
でもDLできないよりは全然マシなので、このリンクを使っていた。

baidudl
https://chrome.google.com/webstore/detail/baidudl/mccebkegnopjehbdbjbepjkoefnlkhef


もっと調べると、管理ソフトを使うとDL速度が早くなるらしいとの情報。
そこで、Free Download Managerというのを使うと1MB/secまで早くなった。
sectionは20まで増やせたが、リンク先によってまちまち。
というか、このソフトを使うとサーバーにすごい負荷がかかると思うので注意が必要。
使い所を間違えると大変なことに。

Free Download Manager
https://www.freedownloadmanager.org/

Portable版はこちら
https://portableapps.com/apps/internet/free-download-manager-portable