プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2016/01/29

中華スマホの販売サイト:Fastcardtech

0 件のコメント
中華スマホが世界的に人気らしい。
買うなら直接海外の販売店から選んだみたいと思う。
調べてみると、Fastcardtechという販売サイトがありました。
Fastcardtech
EverbyingだとDHLが+USD2なのでこっちの方がいいかも。)

メーカーだと、Xiaomi、Huawei、Meizu、ASUSが人気らしいです。
でも個人的には、最新ではなくてUSD100前後で買えるお手頃価格が欲しいです。
USD100前後のメーカーだと、Doogee、Ulephone、Umi、Blackview、HTC、Lenovoあたりが有名らしい。
ただし、値段が下がると何かと問題点があるらしい。
海外のレビューサイトを見ると、充電が付属の専用ケーブルだけでしかできなかったり、
USB Type-Cだったり、カメラが使えなかったりといろいろとある。
不具合は自己責任になるので、慎重に考えた方が良い。
もしくは、安いのだからおもちゃ程度に思っておけば許せるかもしれない。
いずれにせよ海外通販には困難がつきものだ。


以下は何となくまとめを書いてみました。
-----
最初に言いいますが、Fastcardtechからは購入したことがないです。
海外の電化製品を日本で使うには規制があると思いますが、それも調べていません。


とりあえず、Fastcardtechの購入方法で調べてみたことを下記に書いてみます。

1)種類が多い
2)記載のスペックと届いた商品が合わないこともある
3)在庫ありと書いてあっても注文してから在庫無しと言われることもある
4)割引のクーポンをWEBで調べておく
5)支払いはPAYAPALを使う。総額+3%になるがPAYPALで!
6)発送方法を用途で選ぶ


2)、3)は中華サイトなので・・・。
4)はFastcardtechのトップにリンクとかがあります。クーポンが無いときもあります。


5)はトラブル対策でPAYPALがいいと思います。
海外通販はトラブルが必須です。
そんなときにPAYPALを通して買うと、PAYPALが対応してくれるときもあります。
もし、商品が届かなかったときは、buyers protectionという保護もしてくれます。
値段が高くなるが嫌でなければ、何かあったときにPAYPALに相談できるので便利です。


6)の発送方法は注意してください。
基本はChinaPostで全世界無料です。
しかし、バッテリーを1個しか送れないようです。届くときもありますが中国の通関で抜かれれしまうことも。
バッテリーが2個以上になるときは、DHLかEMSにした方がいいですよ、と書いてありました。

また、無料のRegistered Airmail Serviceについても、
+USD2.0のオランダ郵便かシンガポール郵便にした方が早めに届くようです。
というか、中華郵便がすごく遅いらしいです。
ただし、あくまでもフレーバー程度なので、早く受取るにはDHLが良いと思います。
EMSもあるのですが、中華郵便のEMSはそ20日くらいかかった経験が・・・。
でも、EMSは基本的に安全で早くと思います。


というわけで、fastcardtechでは買ったことがないですが、勝手に書いてみました。
中華サイトからの通販は、「待つ」ことが必須です。
何かあれば英語のメールでクレームを入れることも必須です。
海外通販はショッピングの過程も楽しむ意気込みで。
自己責任で楽しみましょう!



0 件のコメント :

コメントを投稿