プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2016/01/17

C#.netでワードのdocxを操作:DocX

0 件のコメント
C#.NETでワードのdocxファイルを作れるライブラリ「DocX」。
使い方、ライセンスなどはわかりませんので、配布サイトにてご確認ください。
私にはわかりませんでした。
今後 使うかどうかはわかりませんが記録しときます。


DocX

DocX - License
ライセンスは、Microsoft Public License (Ms-PL)らしい。

サンプルコードは下記にて。作者様のブログらしいです。
Cathals Corner


作るだけなら下記。
作者様のサンプルコードでは新規作成は、 DocX.Create(path) ですが。
私がSharpDevelopでコンパイルしたときはCreate(path, Documenttype)でした。

1)ソリューションを作成して、docx.dllを参照で追加。
2)SharpDevelopなので、ツールのアップグレードで「C#2.0」に変換。
3)あとは、適当にコードを打てば、指定パスにワードファイルが完成。


下記に動作チェックの画像を。
たくさんの問題があるので参考しないようにしてください。
DocXのCreateの動作確認できると思います。

基本は、using Novacode; とusing System.Drawingして、
DocX docment = DocX.Create(file,Document); で新規作成。Loadで読み込み。
最後にSaveで上書き保存。、名前を付けるときはSaveAs。

ページの向きは、document.PageLayout.Orientation = Novacode.Orientation.Landscape で横。
ページ横サイズは、document.PageWidth = 420.0f * 3.779f; とすると420mmに。
ページ縦サイズは、document.PageHeight = 297.0f * 3.779f; とすると297mmに。
何も設定しなければA4の縦になります。
詳しいマニュアルは無いけど、作者様のブログとか、
codeplexのソースでDocX.csあたりをみれば一通りの関数が分かるはず。

何かと細かい設定はできないようですが、テンプレのDOCXを作っておいて、
Loadして編集した方が良いのかも。
使い方次第で非常に便利だと思います。


KingsoftOfficeを使ってるのでマクロが使えない。
そんなときにDocXでデータを操作できれば便利かもしれない。
ライセンスが大丈夫なのかはわかりません。

0 件のコメント :

コメントを投稿