プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2011/05/15

中古ノートPCの方が簡単だなと思った

0 件のコメント
被災のためパソコンが足りない。
ノートPCの中古を買う提案をしてみた。
しかし、予算が見当も付かないので探してみた。

最初はネットで探したが、さっぱり分からない。
Pen-MとかCel-M 1.2GHzあたりが多いのだが、どのくらいの性能なのだろうか?
良くわからないけど購入してみた。
とりあえず、WindowsXP付きで13,000円くらい。

まず、OSに驚いた。
付属していたのはWindowsXP Proの中古再生のインストールディスクだった。
MARと呼ばれる中古業者専用のライセンスのようだ。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20090624/1016290/
中古PCと言えばリカバリーディスクがないと使いようがない。
しかし、このディスクがあればパッケージ版の高価なWindowsを買わなくても良い。
もちろん、中古業者しか扱うことはできない。
だが、こんなに安くて便利なものがあるとは知らなかった。

次に、KingsoftOffice。
エクセルとかワードとある程度の互換性を持つソフトだ。
購入すれば3,000~4,000円になる。
これも追加料金無しで付属していた。
とりあえず、エクセルが見られるだけでも非常に便利だ。

パソコン自体はいたって普通。
使い込んだ形跡はあるが、それなりに使える。
発熱のため熱くなるが、この時代のものならそんなところだろう。
エクセルとブラウザは使えれば何の問題も無い。


被災した後は、何かと機材が必要となっている。
資金も少ないので、まずは不足のものを付け足すことを考えてしまうが、
中古本体を購入してしまう方が簡単だと思った。
パソコンといえば、Windowsにエクセルさえできれば十分だ。

13,000円と言っても、WindowsXPとKingsoftOfficeを買うだけでも
それ以上の値段になってしまうだろう。
Linux推進と同じく、中古PC推進も一つの手段かもしれない。

パシフィックネットの通販

0 件のコメント :

コメントを投稿