Google App Engine ほんの一歩だけ Win7 64bit

Windows7 64bitでGoogle App Engine Launcherを起動して
Deployするまでやってみた。
sslでひっかかった。

Win7 64bitでLauncherを使うのに必要なもの
・GoogleAppEngineのアプリケーションの場所
・python-2.5.msi
・GoogleAppEngine-1.5.0.msi
・sslのパッチ


まずは、pythonインストール。
下記リンクより、python-2.5.msiをダウンロードしてインストール。
http://www.python.org/download/releases/2.5/

そして、oogle App Engine SDK for Pythonのサイトから
Windows 1.5.0 - 2011-05-10 GoogleAppEngine-1.5.0.msi をダウンロードしてインストール。
これでLauncherを起動できる。

Launcherを起動したら、新しいプロジェクトを作成するために、
File->Create new projectで、てきとうな名前とフォルダを指定する。

そして、GAEのアカウントへログイン。アプリケーションを作成する。
名前は好きなものをつけよう。
仮にtestxxxと付けると、http://testxxx.appspot.com というアドレスなる。
※App Engineの一番最初の登録のときに、携帯電話で認証が必要となる。
これがうまくいかないときはGoogleにメッセージを送ると、数日後に認証してくれる。
http://code.google.com/intl/ja/appengine/kb/sms.html
「SMS の問題のフォーム」

次は、LauncherからDeployする。
Editボタンから、app.yamlを編集する。
一番最初のapplication: の箇所を指定した名前に変更するだけ。
例)application:testxxx

これでDeployできるはず。
Deployボタンを押して、メールアドレスとパスワードを入力すれば
ファイルのアップロードが開始!されない・・・。
sslを該当のアドレスからfixファイルを適用してくださいとのメッセージが。
しかし、このsslファイルはソースのみで、コンパイルされていない。
コンパイルって・・・。どうやればいいの???
さっぱり分からないので、コピぺプログラマー様のブログを参照する。

そんな僕らはコピペプログラマー!
http://kopipeprogrammer.blogspot.com/2011/02/gaegoogle-app-enginessl.html

無事にsslのパッチがあたった。
再度 Deployしてみると、ちゃんとできた。
「Hello world!」が表示された。


Google App Engineは、やっぱり上級者向けだった。
あとで、メールの受信をやってみようと思う。

コメント