プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2011/04/26

浪費から学んだことは

0 件のコメント
「買い物から学ぶ」ことができたような気がする。
購入したものは正常に動かなかったが、得られたものはあった。
買い物とは、物体の所有ではなく、体験でもあるのかもしれない。
今回は、物体の買い物から、体験の買い物を体験することができた。

とあるプリンターを購入した。
PCからbluetooh通信で使用するものだ。
てっきり、ドライバーをインストールすれば印刷できるものだと思った。
しかし、必要なのはCOMポート通信だった。
かつてのRS232Cのシリアル通信と同じようなものだった。

COMポート通信であれば、コマンドリストが必須となる。
これはご協力をいただいてリストを入手することだできた。
しかし、COMポート通信するアプリ開発には時間がかかる。
ここで、NonSoft様の RS232Cテストツールを知ることができた。
このソフトは<STX><ESC>などをバイナリ変換できるので非常に有用だった。

次に、bluetoothにおけるCRC計算が問題となった。
CRCはwikipediaを参照して欲しい。
USBやイーサネットでも使われている、データのエラーチェックにあたる。
このCRCには多種多様な計算方法が使われる。
うまく適合するサンプルコードが見つからなかった。
しかし、金魚ちゃん様のCRC16の計算ソフトを使用させていただいた。

ここまできて、やっと動作確認を行う段階まできた。
ところが、結果は失敗。
機器の不良によるものか、意図した印刷を行うことはできなかった。
数千円がムダになってしまった。


とは言っても、ここに至るまで様々なことを学ぶことができた。
bluetoothの一部、COMポート通信、CRC計算。
そして、これらを一連のものとしてコントロールしようとする体験は
緊張感のある貴重な時間だった。

あらためてインターネット学習のすばらしさを知ることができた。


結果から見ればムダな買い物、浪費としか言いようが無い。
だが、費用の分だけ回収しようと意気込む体験は予想以上に
大きな充実感を得られたように思える。
これを次の何かに繋げることができれば、さらに大きな利益を得ることができるかもしれない。

「やってみて動かない。ダメ。」であきらめてはいけない。
汚く思えても、しつこく食い下がることにこそ、本当に貴重なものが埋れている。
自分のお金と時間を浪費したとガッカリしていたが、思いつくだけのことをやった後は、
充実感の方が強いときもある。

0 件のコメント :

コメントを投稿