Windowsのパーティション情報をMacOSのDiskutilでは正常に処理できないっぽい

タイトルはそのままでフォーマットができなかった。
パーティションはそれっぽく操作できた。
たぶん、逆にMacOSでパーティション切ったものは、Windowsで正常に操作できないと思う。




失敗したことは「Winodwsでパーティションを切ったHDDをiMacでフォーマットし直し」しようとしたこと。
exFATからMac拡張にフォーマットしたかったが、処理が全然進まなかった。
iMacでパーティションを全部消去して、パーティションを切ったらフォーマットできた。
Windowsのパーティション情報を、MacOSでは使用できないようだ。
MacのことはMacでやれと。

パーティションとかフォーマットもかなり互換性が出てきた。
OSが異なっても中身が読める。
方法を調べれば、読み書きもできる。
パーティションやフォーマットまで自在に操作しようというのがわがまますぎるのだと思う。



ついでに、パーティションの移動について。
MacOSでもWindowsでもデフォルトのソフトでは、パーティションの移動はできないらしい。
移動については、LinuxのブートCDで起動すればある程度は可能。
だが、保証されていないので注意。
Ultimate boot CDとかに付いているGpartedならパーティションの移動ができた。
WindowsのNTFSやFATについては何回かやってみて、おそらくOK。
MacOSのHFS+も移動できたが細かい検証までやっていない。
たぶん、起動ディスクの先頭パーティション以外は大丈夫だと思う。

たまに、パーティションの仕切りなおしが必要になる。
困ったときはLinuxに頼ろう。


Ultimate Boot CD
http://www.ultimatebootcd.com/



コメント