MacOSXでファイルの切り取り&貼り付け


ファイル選択>Command+C>該当フォルダを開く>Command+Opriont+V


Windowsではファイルの切り取り&貼り付けをショートカットキーで
行うことが多いと思う。
ファイル選択>Ctrl+C>該当フォルダを開く>Ctrl+C
MacOSだとこれができなかった。

というか、これはOSのポリシーの違いになる。
簡単にファイルの削除を行えないのが、MacOSのポリシーのようだ。
ファイル選択の状態で、Deleteキーを押してもゴミ箱に行かない。
良し悪しは問えない。

でも、MacOSでもファイルの切り取り&貼り付けはできる。
下記操作になる。

ファイル選択>Command+C>該当フォルダを開く>Command+Opriont+V
やっぱり、あれば便利に使えると思う。

MacOSだと、中指と人差し指でショートカットを押す。
Winだと、小指と人差し指。なんか慣れない・・・。
でも、決まった操作ならMacOSの方が楽に思える。やっぱりMacかな?

コメント