チラシとか資料作り用のフォントとして

FONT x FAN HYBRID は規制が多いが、紙媒体を作るには使えると思う。
PDF、Flashへの埋め込みやFlashやロゴ作成には使えない。
だから絶対にプロ向きでは無い。

今さら紙媒体なのか?と思うだろうが、社内会議のちょっとした報告書に、
HGゴシックすら使えないことを考えれば、結構便利なのではないかと思います。
というか、WindowsやMSオフィス付属のフォントは、商用利用できないため、
展示会での資料でたくさん使われているのを見ると、やっぱりダメなのかなぁ、
と思ったりしています。

個人的には、資料のフォントには、IPAフォントを使わせていただいております。
フォントはライセンスの確認が難しいので、他のに手が出しにくいです。
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/index.html

(その点、Apache2.0のモトヤLシーダ、マルベリも使えるのかも?
資料のどこかに、「モトヤLシーダ、Lマルベリは、Apache2.0ライセンスです」
みたいな文言を入れればいいのだと思うけど、どうなんだろう?)


 こういうことを調べる時間がもったいないときは、やっぱりFONT x FAN HYBRID
みたいなパッケージが便利だと思う。
ちょっとしたPOPやチラシに使えるのが良いです!
でも、「さっきの会議でもらった資料を配りたいので、元のWordデータを
メールで送ってください」とか言われたりするのが困る。
そのため、資料や報告書は、IPAフォントだけにせざるを得ない。
最初から、Windowsには、IPAとかM+とかを入れておいて欲しいと思ったりしました。


無償で商用利用できて品質の高い日本語フォント一覧 LinerNoteさん
http://note.openvista.jp/2007/japanese-fonts-for-free-commercial-use/
漢字も揃ってる、日本語のフリーフォントのまとめ -2011年版 Colissさん
http://coliss.com/articles/freebies/2011-best-of-free-fonts-for-japanese.html

コメント