プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2015/03/07

C#.NETの軽量IDE:SharpDevelopはアップグレードからC#3.0にしよう

0 件のコメント
軽量なC#.NETなIDEのSharpDevelopが好きです。
テストとか簡単なのはこれで作ってます。
でも最近Windows7にしてから動かなくなった。
ビルドするとエラー・・・。
「resgen.exe」が指定のフォルダに無いからとかいうエラーが出る。
Microsoft Windows SDKをインストールしろとか言うけど、やってもダメ・・・。

解決策は、プロジェクトを開いた状態で、メニューのツール>アップグレードを開いて、
プロジェクトをC#3.0かC#2.0にしてください。C#2.0推奨らしいです。
アドインか何かがC#5.0には対応していないらしいです。
※いろいろと頑張ればC#5.0に対応できるらしいですが不明。
Resgen error using SharpDevelop 4.0 (.NET 4.0) on Vista SP 2
http://community.sharpdevelop.net/forums/p/13365/40057.aspx


ちゃんと動けば便利。コンポーネントをてきとうに置いて試験アプリを作れます。
インテリセンスもちょこっとだけ効くので、テキストを読みながらやれば初心者にはちょうど良いと思います。
軽量だし、VisualStudioみたいに豪勢な機能は無いし、自分向けアプリならこれでいいかも。
ただし、ハマると動かないことがよく有ります。
本当によく止まる!でも軽量です!


ポータブル版は4.4.1です。
SharpDevelop Portable 4.3.3 Development Test 1
http://portableapps.com/node/32713
このページにあるリンクに行くと、4.4.1もあります。

日本語のランゲージファイルはこっち。
http://sourceforge.jp/projects/sharpdevelop-jp/releases/
ポータブル版は下記フォルダへ。
インストールフォルダ\App\SharpDevelop\data\resources\languages
プロジェクトは下記フォルダに作成される。
インストールフォルダ\Data\SharpDevelop Projects



テストのためWindowsの普通っぽいGUIなアプリを作るときは、
「C#>Windowsアプリケーション>Windowsアプリケーション」でプロジェクトを作ろう。
メインフォームだけのテンプレートができます。
テキストボックスとか置けば「Hello world!」とかの勉強できます。
もちろんスレッドとかも。

SharpDevelopを使い倒して、パソコンらしくアプリ開発してみよう!
趣味とか勉強ならこれでいいんじゃないかと思います。
.NETで分からないときはDOBONさんのとこでサンプルを読もう!
DOBONさんに感謝です!!

0 件のコメント :

コメントを投稿