Googleドライブにcssとかjsとかhtmlを置いて公開する:新しいGoogleドライブのアプリEditeryが便利

ホスティング機能は2016/8/31に終了しました。
-------
 Googleドライブでcssとかjsとか、外部ファイルをホスティングできるらしい。
でも、googleのヘルプ見てもわからず・・・。
たき備忘録様のブログを参考にさせて頂きました。

ドライブでウェブページをホストする
https://support.google.com/drive/answer/2881970?hl=ja

GoogleドライブにBloggerで使う外部CSSをホスティングさせてみる たき備忘録様
http://blogger.weblix.net/2013/02/google-drive-css-hosting.html


上記に従って、ローカルでindex.htmlを作成してGoogleドライブにアップ。
公開設定を一般公開して、プレビューすると下記のようなURL見えると思います。
https://drive.google.com/?tab=mo&authuser=0#folders/aaabbb-MMM66666VVVVVV

folders/以下の文字列をコピーして、下記のhost/xxxのxxxに置き換える。
aaabbb-MMM66666VVVVVV 
https://www.googledrive.com/host/xxx

これでアクセスすると、ソースコードのままアクセスできます。
https://www.googledrive.com/host/aaabbb-MMM66666VVVVVV
※index.htmlが無いと、何かフォルダ的なものがみえます。

これがwwwディレクトへのアクセスみたいになりますので、img01.jpgとかあれば下記になります。
https://www.googledrive.com/host/aaabbb-MMM66666VVVVVV/img01.jpg

で、これを使えばbloggerにjqueryを組み込んだりできるし。
何となくHTMLで公開したいときに使えたりします。
画像とかのいろんなファイルも参照できると思います。
しかし。レスポンスは遅いです。
と言っても、無料のレンタルサーバー使うよりも便利だと思います。



それよりも、新しいGoogleドライブを試すと、「Editery」というアプリでhtmlやcssが編集できるみたいです。
jpgなんかは、Pixlr Expressで編集できたりします。
はじめて知ったけど、何かコレ便利かも。

コメント