プライベートや仕事で気づいたことやノウハウなどを書き留めるブログです

2012/06/16

Buffalo無線LAN機での失敗:ブリッジモードではハブポートを使ってみる

0 件のコメント
Buffaloの無線LANが使えなくなる失敗をしてしまった。

普通通りに使えていたのだが、なぜか急にSSIDが見えなくなる不具合が発生。
無線LANのIPにpingも通らない。
でも、無線LANのハブポートにケーブルでつなぐと、ネットに繋がる。
無線LANの動作だけ誤作動しているようだ。
3台のノートPCの無線LANで、同時に同じ現象が起こるので、親機に問題があると思った。
ファームウェアのバージョンアップを行ったが、症状は改善されない。

iPadやiPhone、Android端末も増えたし、負荷を処理しきれないのか?


ルーターとしても使っていたので、別に有線ルーターを購入。
無線LANをブリッジモードに変更した。
そして、DHCPサーバーを有線ルーターのみに切り替え。
しかし、1日に数回はSSIDが見られなくなる症状は続く。

再起動する、初期化する、チャンネルを変える、倍速モードの帯域を変える、
ntpの時刻取得を手動にするなどやってみたが、変わらず・・・。
困った。


Buffaloの相談窓口に電話してみた。
http://buffalo.jp/toiawase/free.html
待つこと10分でオペレータにつながった。
SSIDが見えなくなる症状と、今までの対処方法を伝えた。
オペレーターの方も困ったようだが、1つだけ対処策を教えてもらった。
無線LANをつなぐポートを、インターネットポートではなく、ハブポートを使うこと。
ブリッジモードのときには、インターネットポートもハブポートになるらしいが、
挙動がおかしいとの報告もあがっているらしいとの情報。

そして、とりあえず、もう一回初期化して、設定をし直して、上図のようにハブポートと
有線ルーターつないだ。
何となく問題は起きていないようだ。
今後も様子を観察しておこう。

ネットワークはハマるとすごく大変だと実感した・・・。

0 件のコメント :

コメントを投稿